コンプレッサーの省エネ 圧縮空気の省エネでCO2削減 

ESCO

ESCOの利用  

ESCOとは  

ESCOとは、Energy Service Companyの略で省エネ施設を導入したい顧客事業者に対し、事業者(ESCO事業者)が一切を請け負います。そして省エネ効果が出たら成功報酬として、施設費などを回収します。
この制度の特徴は、顧客事業者に金融リスクがなく、省エネによって、環境パフォーマンス(CO2削減)の改善、補助金の確保、コスト削減などのメリットに結び付く効果があります。
このモデルは1970年代米国で開発され、1990年代に当時の通産省・省エネルギーセンターなどが導入して普及に努めてきました。

ESCO事業の省エネ工事  

一般的な省エネ工事をする場合は、対応可能な個所から段階的に実施します。従って、設計・工事契約・運転もメーカーが別々になり、手間と費用に無駄が生じやすいという問題点があります。何より、省エネ効果の保証がありません。
一方、ESCO事業の省エネ改修工事の場合は、対象の省エネ施設だけでなく、計画立案段階から施工全般を含めて、一括・総合的省エネ対策と効果をバランスよく検討します。それを包括的に提案し、運転‐改修‐運転管理に至るまで、計測・検証を責任を持って行い、省エネ効果の保証を行います。

ESCO事業契約の2つの方式  

事業資金の調達方法により次の2つがあります。
シェアード・セイビングス契約
ESCO事業者が資金を調達します。従って、事業者は一切の資金負担がありません。省エネ効果により、設備資金の回収と経費が回収されるまで、契約が必要です。弊社では5年が目標です。
ギャランティード・セイビングス契約
設備資金は事業者が負担します。その他の省エネ活動の責任はESCO事業者が負います。省エネによるコストダウン効果がすぐ表れます。

ESCO推進協議会  

ESCO事業者の集まりです。弊社は、この団体の会員です。
http://www.jaesco.or.jp

ESCOは中小企業にとってリスクの少ない、省エネ実行の確実な方法です。  

コストダウンに直結します。  

地球温暖化防止に貢献できます。  

a:2072 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.37
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional