スモールESCO

埼玉県の電気部品工場では電気代単価がこの5年間で44%も上がりました。岩手県の食品加工工場では平成27年5月から前年度比昼間電力20%、夜間電力33%も上がりました。そのほかの電力会社でも15%~20%前後の値上げが実施されています。このコストアップに、工場の存続をかけて経営として何をなすべきか、が問われています。

経営改善の省エネ/ESCO

まずは、省エネです。
「しかし、どこをどうしたらよいのか、わからない。
本当に、コストダウンができるのか、心配だ。費用対効果、資金調達はどうしたらよいか」
この課題に ESCOが答えます。

  • 1)診断から、設備導入、導入後の削減額の検証、その後の運用改善まで「ワンストップ」でESCOは対応できます。
  • 2)診断結果に基づく削減額は、保証します。
  • 3)設備投資額の1/3の補助金獲得を支援いたします。
  • 4)自己資金対応のほか、リース、ESCO事業者資金など、調達資金の支援も行います。

あなたの工場には、宝が埋まっています
「省エネセンターの無料診断」は受けたけれど、その先、どうやって省エネを実施するのか?
診断内容をさらに精査し、どのような機材を準備し、どのぐらいの予算で実施したら、どれだけの省エネが実現できるか明示します。その成果をESCOで保証します。また、設備投資額を少なくするために、補助金を受けるサポートをします。
省エネ領域は、コンプレッサー、照明の高効率化、電力の「見える化」、トランス更新など、診断結果の効果の大きなものを可能な限りカバーします。
どこに、どれだけの宝が埋もれており、どうやってやったらどれだけ掘りだせるか、最後までお手伝いいたします。
省エネ/ESCOにより、赤字が黒字に、電気代の値上げ分を十分カバーすることも、黒字ならさらに安定した黒字に経営改善することが可能です。
3000万円以下の小規模ESCOでも実施します。
「中小企業のための、中小企業による、中小規模ESCO 」

r1.png

弊社はESCO事業者です。

診断に基づき、ESCOで省エネの実現を図ることができます。
中小企業者の省エネ実現のため、中小規模のESCOを扱います。
補助金の交付を受ける支援をいたします。
●平成28年度春募集が予定されている補助金のための準備に入っています。
埼玉県の熱処理工場、電気部品工場、静岡県の光学部品製造工場、青果倉庫、愛知県の自動車部品製造工場など。もう準備が必要です。
●平成27年度予算補助金「エネルギー使用合理化事業者支援」で、秋田県の光学部品製造工場の2件が採択されました。

スモールESCOモデル

省エネ製品、省エネ設備、省エネ工事に実績のある方、販売を伸ばしたい方 連携歓迎!!

r2.png

エアーの省エネ

弊社はコンプレッサーの省エネ診断事業者です。

コンプレッサーの運転状況と、圧縮エアーの使用状況を現場調査し、省エネの見込みと解決策を提案いたします。

データ収集2.jpg

コンプレッサーの電流値、タンク圧力のデータを2秒毎、1週間収集します。現状の消費電力、エアーの使用量状況、圧力変動を明らかにして、省エネ改善策、削減額、削減率を示します。

ESCOについて

弊社はESCO推進協議会の会員です。
詳しくは ESCO推進協議会のホームページ http://www.jaesco.or.jpを参照ください。
また、JCTX(株式会社日本環境取引機構)賛助会員です。